私たちについて"

■施設案内

戻る

4.中庭

磐高創立85周年の記念事業として昭和55年に完成した。中庭の中央に並ぶ2本の木は生きる化石植物と呼ばれている「メタセコイア」である。これらは、中庭を造園する以前から立っている老樹だ。他にもさまざまな植物があり、窓越しに季節の移り変わりを感じることができる。

 

5.柔剣道場

柔道場と剣道場が隣り合っている。入り口を入って左が柔道場で右が剣道場。

 

6.北体育館

大きさは南体育館より小さめ。主に体育の授業で使用する。

1.埴輪収蔵室

昭和23年度、磐高の史学研究会が8体分の人物埴輪・馬埴輪の破片を発掘した。この発掘は、自宅の庭に考古遺物が埋まっている可能性を知った磐高の卒業生、仁科誠が自宅改築の際に庭先を掘ってみたことがきっかけとなった。後に、破片をもとに復元された天冠埴輪と女子像は、重要文化財に指定され、ここに保管されている。

 

2.南体育館

体育の授業はもちろん、生徒会総会や講演会などを行うときに使用する。

3.百年記念館

磐高創立百周年記念に記念事業として建設された研修センターで、平成8年度に完成した。合宿を主な目的とした二階建ての建物で、中には和室、トレーニングルームなどがある。普段は吹奏楽部や運動部が使用している。